・皮脂腺の働きが活発で、脂分の分泌が多く、皮膚の表面は
 脂っぽくなっています。
・角質層が厚くなっていて、皮脂が毛穴につまっています。
・表皮のターンオーバーが乱れ、角質層のバリア力が低下
 しています。

□ お手入れのポイントは・・・・・・・・

・余分な皮脂を取り除いて、たっぷりと水分を補いましょう。
・ニキビ部分を刺激せずに、殺菌効果・消炎効果のある化粧品
 でお手入れしましょう。

☆こんなお手入れが効果的です。

クレンジング ファンデーションや皮脂などの油性の汚れが肌に残っていると、毛穴がつまってニキビの原因になることも。油性の汚れはクレンジングできちんと落としましょう。
ソープ
ホコリや汗、雑菌などの汚れはニキビを悪化させるもと。ソープをたっぷりと泡立てて、肌を包み込むようにしてやさしく洗い落としましょう。
皮脂調整
  美容液
過剰な皮脂を抑え、べたつきのないサラサラの肌に整えます。

ニキビが目立つ肌